交通事故の時の弁護士について東京編パーフェクトブック

交通事故の時の弁護士について気になる方は必ず見てください!

成年後見制度について。

成年後見制度とは、認知症や知的障害、精神障害が原因で判断能力が不十分になり、財産や預貯金の管理などが出来なくなった成人を保護したり支援する制度です。また、介護などのサービスや施設に入るための契約を支援します。成年後見制度が出来た背景には、高齢者や障害者を施設に隔離するのではなく共存するという新しい理念のもとに、保護を優先とする理念との調和を図りながら、柔軟で利用しやすい制度を作る目的に制定された。

この新制度が導入される前の禁治産制度は、いろんな問題点があり悪用される事例が起こってきた。高齢化が進むにしたがって介護保険法との円滑な運用目的で成年後見制度が出来た。成年後見制度は大きく分けると2つに分けられる。法定後見制度と任意後見制度である。法定後見制度は、さらに、後見、保佐、補助の3つに分けられる。判断能力の程度や本人の事情により選べる。後見制度は、判断能力が欠けているのが通常の状態である人の保護、支援をする。家庭裁判所が選んだ成年後見人が本人の利益を考えながら、法律行為を代理で支援する。また、本人がした不利益な法律行為を取り消す事も出来る。保佐制度は、判断能力が著しく不十分な人を支援します。お金を借りたり、不動産の売却や保証人となる場合には家庭裁判所が選んだ保佐人の同意を得ることが必要になります。保佐人の同意無しで結んだ契約は取り消すことが出来る。補助制度は、判断能力が比較的軽度の人を支援する。親族などの申し立てにより、家庭裁判所が選んだ補助人に同意権が与えられ、本人が結んだ不利益な契約などを取り消すことが出来る。成年後見人に選ばれる人とは、家庭裁判所が本人にとって、どのような保護や支援が必要かを判断して選び、親族以外にも法律や福祉の専門家、福祉関係の法人などが選ばれることもあります。

身よりが無いなどの理由から成年後見の申し立てをする人がいない場合は、市町村長に審判の申し立て権が与えられる。任意後見制度とは、本人が判断能力があるうちに、自分が信頼できる任意後見者を選び、自分の判断能力が不十分になったときに、生活や財産管理や療養介護などの事務の法律行為の全部または一部を委任することである。任意後見者は家庭裁判所が任意後見人監督人を選任した時に、効力を生じる。任意後見者の配偶者や兄弟姉妹は任意後見者監督にはなれない。成年後見制度を利用する時の流れは、本人の住所地の家庭裁判所に申し立てをし、審理を経て、家庭裁判所が成年後見人の候補の中から適任者を選び、法定後見の開始となる。

Starburst Theme designed by Claire
powered by WordPress 3.6.1 | valid XHTML and CSS